Microsoft Intune 診断設定 Log Analytics 連携

Microsoft Intune 診断設定にて、ログを Log Analytics に格納することができます。

 

何がうれしいのかっていうと、Microsoft Intune の診断ログも格納日制限があるので、Log Analytics と連携することによって、1年以上ログを残すことができます。

 

今回は、紹介だけにとどめておきますが、Microsoft Intune 診断設定は、ストレージアカウントへの格納、イベントハブへの連携なども可能となります。

 

私が、Log Analytics を選ぶ理由は、Power BI などでデータ分析を将来的に行いたいからとなります。どちらもできないってわけではないですが、よく使うのは、Log Analytics なため。

 

でわ、さっそくやっていきましょう。

 

Azure テナント https://portal.azure.com/ 

上記サイトに Microsoft Intune のアクセス権限を持っている管理者アカウントにて、ログインをします。

 

★前提条件 事前に Microsoft Intune 連携用の Log Analytics Workspace を作成すること

 

1. [Microsoft Intune]-[診断設定]-[診断をオンにする]をクリックします。

 f:id:study-m:20190311075852p:plain

 2. [診断設定]にて、以下を決めて、設定します。

  [名前] 任意

  [格納先] Log Analytics への送信 ☑

  [サブスクリプション ]Azure サブスクリプション名

  [Log Analytics ワークスペース] 事前に作ったワークスペース

  log

        [Auditlog] ☑

        [OperationalLogs] ☑

 f:id:study-m:20190311080138p:plain

最後に保存をクリックして、作成完了となります。