Defender ATP パッケージ展開 ①

SCCM 1710 で Defender ATP パッケージ展開をしてみましょう。

 

SCCM [資産とコンプライアンス] にて、

[Endopoint Protection] を

右クリックして、

[Windows Defender ATP ポリシーの作成]

をクリックします。

f:id:study-m:20180423134459p:plain

インストールさせるため、

[オンボード]を選択して、

[次へ]をクリックします。

f:id:study-m:20180423134738p:plain

[参照] をクリックして、

構成ファイルを読み込みます。

※組織ID は、読み込んだ

ファイルから自動的に

入力されます。

f:id:study-m:20180423135004p:plain

[サンプル情報]なしとします。

[テレメトリの頻度] 更新頻度は、

通常とします。

[次へ] をクリックします。

f:id:study-m:20180423135049p:plain

[次へ] をクリックします。

f:id:study-m:20180423135203p:plain

f:id:study-m:20180423135338p:plain

 

次のフェーズで

デバイスコレクションで

展開すれば、展開されます。